*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院するまで・1
陽太が生まれてくるまでのことを、残したいと思う。
つらさと向き合うことなのでできるかわからないけれど、
おばあちゃんになったときにも思い出せるようにしておきたい。
細かなことは忘れてしまうだろうから・・・


陽太がきた、と気づいたのは5週目の3月29日(2007年)のこと。
朝起きて「いる!」と確信して妊娠検査薬でチェック。反応あり。
翌日病院へ。
「まだ時期が早いので子宮のなかでちゃんと育っているか確認できないから、
10日後に来てください。」
・・・次の診察で陽太がちゃんと子宮にいることが判明笑顔
子どもが大好きな夫・たろうは大喜び。
たろうに「こ?んなにちっちゃいんだよ!あずきくらいっ」って話してから
この子はあずき、と呼ばれるようになった。
この次の診察のとき、わたしはあずの性別をどちらなのか
直感でわかった気がした。

それから2週間ごとの診察はドキドキだった。
つわりもなかったから、妊娠しているという感じがあまりしなくて
診察であずの心臓が動いているのをみると
「生きてる!よかったぁニコ」って。


最初は調子がよくって仕事も今までどおり
毎日バリバリこなしていたけれど、
16週頃からお腹が張り始めてたかな。
はっきりと強い痛みを感じたのは7月2日(18週4日)
病院に行く日だったので、そのことも伝えたけれど
「横になって治まれば大丈夫」と。
治まっても、また立つと痛いのですが・・・と伝えたけれどそのままに。
     
      てんとう虫 線


わたしは、自宅出産か助産院出産をしたかったので
病院に通っている間にいろいろと探して
ようやく助産院をみつけた。
ちょっと遠かったけれど、ほかになかったこともあり、
7月6日(19週1日)に転院。
この助産院は助産師さんのもと自宅。
だから親戚のおうちに来ているみたいだった。
助産院出産を望んでいたわたしだけれど、
なにかあったら・・・というのがやっぱり不安だったので
先生に聞いたら
「なにか、を検診の間にみつけるのが助産師の仕事。
ここでは普通分娩しか扱えないから、その場合は
病院に転院になります」

助産院での診察はドップラーでの心音・血流確認と子宮底長を測ること。
あとはお話したり・・・
待ち時間がないうえに、診察時間の30分はゆっくりと自分の時間なのでよかった。
ここに通い始めた頃から、急にお腹が大きくなってきて
張りも強かったけれど、診察で「個人差」と言われていたので
そんなもんなのかなぁ、と思い仕事は続けていた。

そして7月26日(22週)夜。
とうとう立てなくなってしまった。
翌日助産院に行くと「仕事をやめなさい」
あぁ?、そんなぁぁぁ・・・・・んー
「病院だったら入院させられるわよ!」と言われ
事の重大さにようやく気づいた。
あずのことが心配だったので、病院にも行きたいことを
助産院に伝えて紹介状をもって産婦人科にその日の午後に
診察してもらいに行った。
(以前の病院は助産院出産を認めていなかったので、違うところに)

そこではエコーや内診をして、いまのところ大丈夫だということで一安心
仕事も休むことにしたし、翌日からは結婚以来初めての
のんびりとした暮らしが始まる・・・と思っていた。

              やぎ1

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

☆ ようた ☆
Lilypie Third Birthday tickers
☆ プクー ☆
Lilypie
プロフィール

 おと☆

Author: おと☆
こんにちは。
息子・ようたは30週で生まれ、
胎児水腫のため数時間後に
お空へとかえっていきました。
こころの陽太と夫・ねこたち
ひだまり家族の暮らしです☆

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

キボウのカケラ☆
ブログ内検索
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。